慢性的な症状を諦めていませんか?  本格的な鍼灸で生来の自然治癒力を活用して症状を和らげます

menu

川越の本格的な鍼灸院「小江戸の鍼」

真夏の夜の「夢」と古典鍼灸

いかがお過ごしでしょうか?

梅雨が明け、気温が上がり、いよいよ夏の到来です。

 

今回は、

東洋医学における「夢」についてです。

 

寝苦しい夜とは思いますが、この寝ている時に見る「夢」を、東洋医学では、身体のバランスを診る判断基準の一つとして活用しています。

例えば、空を飛ぶ「夢」や逆に墜落する「夢」から、気が上に偏っていることや逆に下に偏っていること、夢の中での「喜怒哀楽」から五臓のバランスをみていきます。

この根拠となるものが古典鍼灸の経典に散見することができます。

 

身体と精神は一体で互いに影響を及ぼしあっています。感情の動きに合わせて、心臓がドキドキしたり、呼吸が早くなつたり、頭を使いすぎてのぼせ気味になったり、逆に胸を張ると堂々とした気分になったりと、西洋医学的に言えば、自律神経の働きにより、精神と身体とが無意識に結びついています。

 

東洋医学に、「無形から有形が生じる」とあります。

また、

「見えないものは、必ず形となって現れる」

とあります。

この精神は徹底しています。

東洋医学的な診察法でも、この無形の「夢」でさえも活用していこうとする精神があったからこそ、結果的に、観察の中から理論ができました。

 

あなたの「夢」は何ですか?

 

後進の私たちも、自己実現に向けて「人生の夢」を日常の原動力として活用していくと良いかもしれません。

 

何をするにも身体が大切な資本です。

 

日頃からの健康管理に

古典鍼灸をお勧めいたします!

休鍼日カレンダー

カテゴリー