慢性的な症状を諦めていませんか?  本格的な鍼灸で生来の自然治癒力を活用して症状を和らげます

menu

川越の本格的な鍼灸院「小江戸の鍼」

高血圧

秋から冬にかけては、

気圧が上がり寒さが厳しくなる季節です。

「気圧が高い」ということは、

身体が空気に締め付けられているということです。

 

また、「寒い」ということは、

身体が冷えて動きが悪くなり、

身体が固まりがちということです

ですので、血圧が高くなる季節でもあります。

東洋医学の養生法では、四季の寝起きについて、

冬の朝は血圧が高くなる傾向がありますので、

早寝遅起き」とあります。

 

また、「秋から特に冬には、

体を使いすぎて汗をかくことを控え、

さもなければ、春に体調を崩す」と、あります。

冬は陽気を漏らすことなく春に備える季節です。

逆に、

夏はしっかり汗を流さないと秋に体調を崩すとあります。

 

東洋医学では、

私たちが自然環境に順応する生活をすることで、

身体への負担を軽減して命を大切に

育んでいくことを提唱しています。

 

~ 已病から未病まで~

辛い症状の改善から日常の健康管理まで

伝統古典鍼灸をお勧めします!

 

 

休鍼日カレンダー

カテゴリー