慢性的な症状を諦めていませんか?  本格的な鍼灸で生来の自然治癒力を活用して症状を和らげます

menu

川越の本格的な鍼灸院「小江戸の鍼」

歯列接触癖(TCH) 

 歯列接触癖(TCH)

(=Tooth Contacting Habit)

TCHとは「Tooth Contacting Habit(歯列接触癖)」の

略で、「上下の歯を持続的に接触させる癖」のことです。

無意識に上下の歯が接触して顎に力が入っていませんか?

 

上下の歯は、普段は接触しておらず、会話や食事の時に接触する時間を合わせても、接触しているのは1日20分程度と言われており、上下の歯の接触時間が長くなると、肩こりや首筋の筋肉の緊張や疲労、起床時に顎の疲労感や歯の違和感,口が開きにくいなど、様々な不定愁訴に関わっている可能性が指摘されています。また、顎関節への負担が増えるので顎関節症の大きな要因の一つとして挙げられています。

TCHの原因は、日常生活や仕事や趣味など色々と集中している場面や緊張状態が高まる肉体的または精神的ストレスにより顎に力みが出てしまうことにより起こります。

まずは、上下の歯が接触して力が入っていることを意識的に認識して、意識的に解除することが大切です。歯の噛み合わせは、歯医者さんに行かないと調整できませんが、顎の周りの筋肉が緊張していることにより、つらい症状が出てきていますので、

 

古典鍼灸で顔や首肩や背中

筋肉の緊張を緩和することによって、

つらい症状の緩和・改善・顎関節症

予防をしていきます。

 

 伝統古典鍼灸をおすすめ致します! 

休鍼日カレンダー

カテゴリー